読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"8月4日の午後の決断"

"8月4日の午後の決断"


僕は普通でありたいようで

特別でもありたい

 

思春期のあいつの影には引力があって

自転している少年たちを

どうして近くに引き寄せたのか

 

混ざり合う想いをひとつにする

それを型抜きにして

焼いたクッキーを食べてみたい

 

体は退行していくけど

心の進化は止まらない

戻っているようで進んでいる小舟に乗って

 

いつか空のように大きな愛で

大切なことを見渡してみたい

 

生まれ変わるそのまえに

大切なことを思い出したい

 

混ざり合う想いをひとつにする

それを型抜きにして

焼いたクッキーは格別だったはずだ

 

余計な荷物を捨てるところから

新しいことがはじまると知っている

 

 

 

そんなことを考えた熱暑の午後

どうして麦茶は氷を鳴らしたのか

 

少年が夕暮れに見た自分の影に向かって

蹴り飛ばしたソーダの空き缶のような

からんころんという音を立てて