読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しいものを美しいと

他者を攻めることで自己を確認したい人がいる

きっとそういったひとつひとつに気付かずに

大人になってしまったのだ

 

美しいものを美しいと思う

 

朝日を浴びて

夕陽に想い

夜を閉じる

 


人はだれでも許せない昨日を憶えている

心の中にセーブされてると思い込んでいる

 

虚ろな図書館にふらふらと出かけて行って

やっぱり同じ書棚に手を伸ばしてしまうから

いつも同じ悲しみを持ってる気になってる

 

がらんどうの心に

コップ一杯の愛を汲みたい

ただそれだけなんだろうに