読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕のすべて

僕のすべて

 


これまでの苦しみが ひとつの解放に弾けた

 

どれだけの過ちも ひとつの功績が救えるように

 


テープをきったランナーは

 

いつも光のベールを纏っている

 


限りない海を見渡す心で

 

果てしない空を見上げている

 


飲み終えた水筒から鳴った氷の儚さ

 

うまく仕舞えない折りたたみ傘のもどかしさ

 


なんにしろ生きるってことは

 

いつもどこかで満タンではない

 

 

割り切れない算数は

 

分母と分子で景色にしておくのが答えなんだ

 

 

続く梅雨空が欲しがる太陽と

 

真夏の焼けた土が欲しがる雨は

 

同義なのだろうか

 

 

あの弦楽器の名前を僕は知らない

 

ただ音色のやさしさは知っている

 

 

 

それがいまの僕のすべて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう