読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コントロール

紙芝居のクライマックスで

 

成敗される鬼たち

 

振り回している金棒は

 

弱さのサイズを表している

 

 

 

群衆が買い求めるのは

 

品種改良で頬を染めた果実

 

噛みしめて飲み込むあいだ

 

種が無いことに気付くことはない

 

 

 

もうブラウン管はすっかり改造されていて

 

モノクロ画質が

 

さもカラーであるかのように胸を張っている

 

 

 

記者がペン先に付けたいインクも指定され

 

気付かぬうちに太字にされて

 

印刷されている

 

 

 

人は視覚で読み取り

 

フレーズで学んでしまう

 

 

 

事実と現実と真実は同じ箱の中に入れられ

 

福引きの確率で

 

手にしなければならない

 

 

 


これから流れてくる言葉が

 

白くても黒くても

 

もうそれすらコントロールされたあとだろう

 

 

 

夏のある日から

 

「おはよう」で起きて

 

「おやすみ」で眠れるようになった

 

 

 

直感は僕を裏切らず

 

コントロールされることもない

 

 

 


そろそろ気付いてもいいだろう

 

すべては